車買取 相場 bb|コストダウンを図るのが

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。でも素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車買取 相場 bb|今回の車買い取りを依頼したのも

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で売ることができました。相場よりも高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外では人気が高いです。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.