車買い取り ラビット|新しいパートナーがほしい

長く乗ってきた車を、車検のまえに売却することになりました。なんとなくですが、新しいパートナーがほしいといった感じが思いのほかしてきたからです。

以前とは違い、最近の流行は低燃費車ですから燃料代もコストが抑えられます。売る車は高額で引き取って欲しい、心の中でそう考えていたものですから、高額査定が評判の専門店を探してみました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、その査定額に納得されているようなんです。

現在までは、クルマの買い取り専門店1社に出向き、査定してもらうケースというの標準的だと思っていました。でもそれだと、提示された査定金額そのものが適切なのか、車業界にいない私には判断できません。一括査定サイトを活用した場合、登録されている業者の中でも最も高額の査定業者に売却できるという手軽さがあります。

早速私も、車種や年式等必要な情報を入力して一括の査定を依頼してみたところ、目が飛び出るような高額査定だったので、ただただビックリです。すぐに業者に連絡して聞いてみたところ、ネット査定額とまず変わらない値段で売ることができました。ネットで査定をしていなければ、そう考えてしまうと背筋がスッとするような感覚です。

私の場合、思いもよらぬ高額で売却できたので嬉しかったです。いきなり売却というのも、抵抗感がある方も多いと思いますので、愛車の相場をチェックしてみるところから始めてみるのも良いでしょう。

車買い取り ラビット|多めに見積もっても

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。まずは近隣の車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。私は半年前にその車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売却することになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く考えではなかったようです。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.