車売却 管理人|上司に相談するので

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが私にはこの車の相場がまったく判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売却 管理人|もちろんそれが国内で

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で売ることができました。考えていた以上でかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい車は高値で買い取るとありました。他の情報では、売れている自動車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を妄想する楽しさもあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.