車売却 確定申告|所有台数を抑えて

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車売却 確定申告|7社に査定してもらいましたが

新型の発売に合わせて、旧型の愛車を乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになっていました。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りは止めることにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定額にものすごい差がありました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。サイトでの評価額は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高額の金額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、それ以上の業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.