車売却 ディーラー|社長に聞いてみるので

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に来る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車売却 ディーラー|それでも44万円減ったことには

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。しかしその後、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで手放すことになりました。職場の近くの中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。これを計算すると、半年間で約50万も消化してしまったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円で買い取っていただきました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには違いないですし、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.