車売る 必要書類|提示してきました

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、買い取り業者と比べると15万くらい安くなっていたのです。

これまで下取りだけしか利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはしないことにして、車買い取り業者に売ることにしたのです。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高金額を提示してきました。ネットでは70万を超えない金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

車売る 必要書類|売りたい人と買いたい人のバランスが

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、売れている自動車や人気車種が高値で売れやすいとありました。それは海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも影響しているようです。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。今回売った車も国産の車ですが、もしかして海外で使われるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。この日本において、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.