車売る 役立|このクルマを私は6カ月前に

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、半年少々で買い替えを考えました。職場の近くの自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。計算したくもありませんが、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却することになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしも売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

車売る 役立|やはりボンネットの白さが

前に乗っていた車は、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に感じるのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットの白さが査定額に影響があるようです。

カーショップに行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。母親から新しく車を買ったのかと言われた程です。

再度車買い取りの為の査定をしてもらったところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、思いよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も周りに同化できているし、より一層つややかにする事ができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額のアップと艶を出すための手間などを計算してみて、お得そうだったらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.