車売る 名義違う|このまま買い取りしてもらう

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万とのことです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらったのです。その結果、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

車売る 名義違う|買い取り査定額に

前に乗っていた車は、ボンネットが薄白く見えていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に見えてしまいます。クルマを洗ってみましたが査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が買い取り査定額に響いてしまうそうです。

カーショップのようなところに行ってボディの色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るような商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からは買い替えたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回とは見違えるくらいアップです。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、より一層キレイな感じにすることが出来ました。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップと輝きを出すための手間とアイテムの費用とを比較してみて、お得と感じたらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.