車売る クルマ|艶を出すための手間などを

以前乗っていた車は、ボンネットのところが白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってやけにボロ車に感じるのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットの白さが査定金額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができるグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。親父からは新車にしたのかと言われました。

再度車買い取りの為の無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、思ったよりも高く評価が出てよかったです。ボディの色なども何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、より一層キレイな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、車を掃除するなど綺麗にしておく事をお勧めします。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶を出すための手間などを比較するなどして、得な気がしたらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

車売る クルマ|ですが喜んで乗り始めたのは良かったのですが

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。計算したくもありませんが、6カ月で50万円も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く売却するはめになったかもと思うと助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く考えではなかったようです。ですので、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.