車売るタイミング|自動車を売ることになり

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車売るタイミング|再度買い取りしてもらうための

前に乗っていた車は、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように見えてしまいます。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響を与えるという事を聞きました。カーショップのようなところに行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からは新車にしたのかと言わせるほどです。再度買い取りしてもらうための無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、思いよりも高く評価が出てよかったです。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白っぽく感じた色も基の色に近づけることができ、より一層ピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなど綺麗にしておきたいですね。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定額がアップすることと艶を出すための手間とアイテムの費用とを比較するなどして、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.