車下取り 高値|もう1社の方も来て査定していってくれましたが

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私には今の車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車下取り 高値|イメージする楽しさがありますね

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと考えると夢が膨らみます。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。車買い取りの際は、そのクルマを失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.