車下取り 相場表|昨日の査定が70万円だった事

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いくつか入力してからデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

車下取り 相場表|買い取ってもらえました

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットを見たところ、ある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、ものを大切にする習慣もその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。車買い取りの際は、そのクルマを失う悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが上手く取れているものと思いました。豊かな日本において、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.