車下取り リサイクル預託金|その結果26万でしたので買い取って

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で買い替えを考えました。近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、よくて相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かります。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送費を引かれてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

車下取り リサイクル預託金|これはもしかすると

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。思った以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種が高値で売れるとあったのです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本人ですが、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.