無料一括査定サービスの落とし穴|下取りをしてもらうものだと

これまで乗っていたクルマを買い替えようと思いました。私は車を買い替える時は下取りをしてもらうものだと思っていたのですが、それ以外の方法もあるらしいとその時知りました。それが一括査定でした。

まだやったことの無いことだったので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットで検索しながら、手続き方法を見つけました。まずは評判の良さそうな一括で査定が依頼できるサイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、それを調べ、そこから査定依頼をしました。そして次に結果を見て、どの業者に来てもらうかを選んだのです。

今までにも兄弟がクルマを買い替えている姿は見てきたので、どれくらいの交渉の後で下取りされるのかは知っています。私が使っていた車の走行距離や年式車体の状況や状態から、それほどは高く査定してくれないと思っていたのですが、現実を知らなさ過ぎました。想像以上の高額査定となりました。

そこで試しに下取りだったらどんな結果になるのか、ディーラーに聞いてみました。その結果なのですが、買い取り業者の下の方とほぼ同じくらいとなりました。ただそれ以上の金額でも買い取ってくれる業者があったので、その買い取り専門店にお願いしました。

初めての経験でしたが、順番に一つずつ作業を進めて行った所、申し込み手続きもやれました。思ったよりも高く売ることが出来たお陰で、車を買い替える時の出費も減ったので私としても満足できました。

無料一括査定サービスの落とし穴|生活費への負担が

就職先も決定したおかげで、両親に自動車をいただきました。大学を卒業した後は、このクルマに乗って職場へ通勤していました。その後本社へ転勤となったので、クルマの処置をどうするかで困っていました。田舎であれば自動車は、持っていないと必ず困ります。しかし公共交通機関の整備されている都市部においては、クルマを持っていなくてもさして日常の生活には支障が出るとは思えません。おまけに駐車場代や維持管理まで考えると、生活費への負担が大きくなってしまうのでここで思い切って売ることに決めました。

そこで自宅周辺の、有名な買い取り専門店の店舗があったと思いだしたのでそこに持ち込んで、査定見積もりをしてもらいました。予想を大幅に下回る査定額がつけられ、ガッカリしてしまったので返答を留保し一旦帰宅した上で、もっと高く買ってくれるところがないかを調べることにしました。

すると比較サイトがある事を知り、早速見積もりを取ることにしました。車種や走行距離等を入力するだけで、いくつかの買い取り業者が査定額を出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、簡単ですし手間も大きく節約できるので便利です。そして調べてみた結果、一番高値をつけてくれた業者さんがいたので、そちらに引き取ってもらう事にしました。

最初の査定よりも売れた金額は大きかったので、査定比較サイトを活用して良かったです。交渉もできたので、期待以上の高値で買い取って頂きました。クルマを売ることがあれば、査定サイトを使うことをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車を一番高く売る事ができる無料一括査定での比較 All rights reserved.